2013年02月20日

関西学生リーグ vs 大阪工業大学

2013/02/19
関西学生リーグ vs 大阪工業大学@びわこ成蹊スポーツ大学

学生リーグも残すところ2節となりました。前節は京都大学に5−3で何とか勝利を収めることができましたが今回の結果はいかに?
15分プレイングの前後半で試合開始。

前半開始早々から神大のペース。梶本や管のミドルシュートで相手ゴールを脅かすも得点にはならず。
前半7分、自陣でのクリアミスを相手に拾われ、そのままシュートを決められ0−1となる。
何とか点を取り返したい神大は前半10分、管が左サイドを突破しシュートを放ったところ相手DFに当たりオウンゴール!
前半は1−1のままスコアは動かず後半へ。

後半開始早々、管がパスカットからボールを運び左足できれいに流し込み2−1!
しかし得点した直後、相手の放ったミドルシュートは枠外に・・・と思われたが管の頭に当たり、なんとゴールに吸い込まれ2−2。
何とか悪い流れを断ち切りたい神大はパスで崩したところを木下がロングシュートを決め3−2!
しかし、またもや得点直後、自陣でごちゃごちゃしたところを相手に押し込まれて3−3。
このまま試合終了かと思われたが後半残り3分、この日なかなかゴールを決められなかった梶本が値千金の一発を右足で決め4−3となり、試合を決めた。最後の最後で決めるところがさすがはキャプテンでした。
苦しい試合でしたが勝ち切れたのは良かったと思います。またこの試合を反省して次の最終節に臨みたいです。

以上藤本慎也がお送りしました。

結果
 
 
 4−3

**********
得点者
梶本(3回#10)
管(2回#4)
木下(1回#19)
**********
posted by Kobe-Univ.Futsal Club_11 at 00:34| 関西学生リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

学生リーグ vs 京都大学

2013/02/17
関西学生リーグ vs 京都大学@大阪成蹊大学

今日の学生リーグの相手は京都大学。新チームになって初の勝利を目指し、気合い十分に試合に臨みました。
試合は15分プレイングで行われます。では、さっそく試合をお送りします。

試合は序盤から神大が前プレをかけていって試合のペースを握ります。
なかなかスコアが動かないまま迎えた前半7分、一瞬の隙をつかれ失点。相手を追いかける展開となります。
その後も逆転するべく相手ゴールにせまっていくと、前半12分左サイドを突破した管からのパスを吉村が決め、1−1で前半を折り返します。
後半、試合も動いていきます。
後半3分、管が右サイドからシュートを突き刺し、逆転に成功すると、5分に追加点を決め、3−1と突き放します。
しかし、9分に相手の個人技をいかしたドリブル突破から守備を崩され失点。3−2となります。
それでもすぐさま反撃に転じ、カウンターから最後は山本がゴール前のこぼれ球を押し込んで、再び突き放します。
後半12分からはミスにより失点をしてしまいますが、14分に管が相手陣でパスカットしたボールをゴールに叩き込み5−3とし、そのまま試合終了。

新チーム発足後、学生リーグ初勝利です。この調子で次節も勝利を目指します。
試合は先制されながらも、前半のうちに追いつき、後半には逆転できたのは良かった。しかし、失点やそれ以外の場面においてもまだまだ反省すべき点が見られたので、改善してきたい。

結果
 5−3

**********
得点者
 管x2(2回#4)
 山本(2回#7)
 吉村x2(1回#88)
**********
posted by Kobe-Univ.Futsal Club_11 at 00:32| 関西学生リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

トップ練習試合 vs Sens Unique

2013/02/07
トップ練習試合 vs Sens Unique@アスコ

今日は、兵庫県トップリーグ1部に所属するSens Uniqueと練習試合をしました。
試合は20分x3、17.5分x1のランニングで行いました。

一本目。試合開始から神大は前プレをかけていき、積極的にボールを奪いに行くのに対し、サンスはピヴォ当てを狙ってきます。
試合が動いたのは4分、コーナーキックから清水がゴールを決め、1−0と先制します。その後は得点に動きがないまま時間が過ぎていきますが、一本目終了まで残り1分のところで立て続けに2失点してしまい、1−2で一本目終了。

二本目。一本目と同様に戦いますが、お互い何度かチャンスを作るも得点できないまま試合は進みます。しかし15分に管がゴールを決め、2−2とします。そして、2−2の同点で二本目を終えます。

三本目。守備の連係がうまくいかなかったり、自分たちのミスから高い位置でボールを奪われてカウンターをくらうなどして7分、13分、14分に3失点。攻撃のほうは相手の守備の型をうまく崩せず、なかなか攻めきることができずに無得点。そのまま2−5で三本目終了。

四本目。一度気持ちを切り替えて臨みます。3分に清水が左足でシュートを突き刺し、3−6とします。その後失点することはなかったものの、得点を重ねることはできず、3−6のまま試合終了。


今日の試合は切り替えやセットの早さ、マークについていくことなど基本的なことでの甘さが見られた。来季の関西リーグ開幕までの期間、時間を大切にし、一つ一つの試合で成長していきたい。
Sens Uniqueさんありがとうございました。


**********
得点者
管(2回#4)
清水x2(1回#81)
**********

posted by Kobe-Univ.Futsal Club_11 at 18:35| 練習試合等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。